超初心者のグーグルアドセンス 涙目の手探り道中記

Wordpress、Googleアドセンス、アフィリエイト、WEBライティングのノウハウを試行錯誤しながら学んでレポート

SEO対策 WordPressのタグとメタタグとは?用語解説とプラグイン

   

 

アクセス数アップのためには、まず第一に「読者に役に立つ記事を書くこと」。同時に忘れてはならないのがSEO対策です。SEO用語解説とSEO対策に便利なプラグイン2つのご紹介。

ワードプレスのタグについて、メタタグ(メタタイトル、メタキーワード、メタディスクリプション)について、初心者にもわかりやすい表現で解説された記事の紹介です。
メタタグを簡単に記述できる2大人気プラグインも紹介しています。

 

【Wordpressのタグの効果は?】

WordPressの編集画面にある「タグ」は、サイトを訪問してくれた人に別の記事も読んでもらうために記述するものです。

サイト内に「タグクラウド」が自動生成され、タグクラウドをサイトに表示することにより、そのタグに関心が高い訪問者を別の関連記事に誘導する効果があります。
また、サイトでの「関連記事」の表示はタグによるものです。

参考記事:WordPress「タグ」の基本【カテゴリとタグとの違いは?】

 

 

【メタタグ・メタタイトル・メタキーワード・メタディスクリプション】

検索からサイトや記事を訪問してもらうための対策が「SEO対策」であり、メタタグの記述です。
まず用語別に解説、または解説記事からの引用を。
参考になる記事のURLつきですので、お役立てください。

 

 

●SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization:検索エンジン最適化」を意味する言葉で、Webサイトが検索結果でより多く露出されるために行う一連の最適化施策を総称したものです。
SEO(検索エンジン最適化)とは | SEO基礎知識 [SEO HACKS]

PV(ページ閲覧数)や訪問者を増やすことがサイト収益アップと言われています。
そのためにSEO対策が必要となります。
SEO効果をアップするためにはコンテンツの質(閲覧者の求めている情報を提供しているか)が重要。
SEOのほかに、内部SEO(検索エンジンが理解しやすいページにするための手法)があります。

 

●メタタグとは

metaタグとは、ページのhead句内に記述し、そのページに関する様々な情報をブラウザや検索エンジンに教えます。
metaタグについて / 【超初心者のホームページ作成】

メタタイトル、メタキーワード、メタディスクリプションはメタタグの種類を指します。

 

●メタタイトルとは

メタタイトル:検索エンジンで検索された時に表示されるブログのタイトル。攻略したいSEOキーワードを使って、短く分かりやすいタイトルをつけよう。
WordPressのSEO効果を劇的に高める5つの基本項目の設定方法

特に設定しなければサイトや記事のタイトルがメタタイトルになります。
サイト名・記事タイトルにSEOキーワードが含まれていない場合、それとは別にメタタイトルを設定することも可能です。

 

●メタキーワードとは

ページ内のトピックを分かりやすい単語にしたもの。検索エンジンが理解しやすいページにするための手法(内部SEO)の要素。

Googleは「メタキーワードを検索順位を決定する要素として利用していない」とされています。
コンテンツと無関係なメタキーワードを記述する検索エンジンスパムの横行が理由とも言われています。

将来的にGoogleがメタキーワードタグを利用しないとも限りませんが、可能性は低いと考えられています。そのため、メタキーワードの設定に労力をかけすぎなくとも良い、重要なページだけで良いのではと言われています。

ただし、ニュースサイト向けメタキーワードはニュース検索の順位付けに使用されているとのこと。
ニュースサイトを運営している人は専用のニュースサイト向けメタキーワードを記述したほうが良さそうです。

参考記事:SEO上メタキーワードは記述するべき?

 

●メタディスクリプションとは

ページの内容を簡潔にまとめた文章で、検索結果に表示されます。
検索されやすいキーワードを含めるようにし、最大120字前後で記述するのが良いとされています(検索結果に表示される上限が120字)
検索したキーワードがメタディスクリプションに含まれている場合、そのキーワードが太字で表示されるので、情報を求めて検索した人をサイト記事に呼びこみやすくなります。

記事ごとに内容は違うはずなので、メタディスクリプションは記事別に作成するのがおすすめです。
(サイトそのもののメタディスクリプションを各記事のメタディスクリプションとして表示させる設定も可能です)

検索エンジンは検索キーワードとページ内容を照合し、メタディスクリプションの内容が最適と判断された場合はそのまま表示します。情報を求めて検索する人に役立つ情報が簡潔にまとめてあることが重要です。

ただし、メタディスクリプションを最適化することによるGoogle検索上位表示の効果はない、とされています。しかし、オーガニック検索のクリック率には大きく影響します。

meta description最適化のまとめ

SEO上の順位上昇の効果はほとんどない
検索結果上のクリック率には大きく関与する
ページ内容を端的にまとめた内容にする
120文字以内で対策キーワードを含む内容にする
各ページ異なる内容にする
meta descriptionとは | A~Z [SEO HACKS]

 

以上、用語解説と参考にした記事へのリンクを書きました。
メタキーワードはとりあえず重要な記事だけでも記述しておく、
ワードプレスのタグとメタディスクリプションは面倒でも記事ごとに記述するのが良さそうです。

では、どうやってメタディスクリプションを記入するのか?
次に述べるSEO対策プラグインを利用するのが簡単な方法です。

 

 

【SEO対策に人気のプラグイン ベスト2】

Yoast SEO

・メタ情報の設定
・投稿編集画面の高度な設定に誰がアクセスできるかの設定
・サイト全体のタイトル設定
・アーカイブ
・メタキーワードの有効化
・SNS(FacebookやTwitterやPinterstやGoogle+など)へ共有する際の表示設定(画像を大きく表示させるなど)

All in One SEO

メタタグの設定が簡単にできるようになるプラグインで、WordpressでのSEO対策に必須と言われるものです。

・カテゴリーやアーカイブ、タグ別にSEOタイトルが変更出来る(サイトタイトルとは別に検索エンジン用のタイトルをつけることができる)
・カテゴリー名やタグ名などを自動的にメタタグでで使用したり、キーワードを自動で生成したりできる
・検索エンジンにインデックスさせたくないページの設定ができる
・各記事のディスクリプションを自動で生成できる
・記事のヘッダー・ページのヘッダー・トップページのヘッダーに自動的に追加する項目を設定できる

参考記事:
WordPressプラグインAll in One SEO Packの使い方 | 人、企業、街、文化をデザインする山梨県デザイン事務所 ビジュアルリテラシー

 

私は最初にYoast SEOをインストールし、最近All in One SEOを新たに追加でインストールしました。
使いこなせているとはまだ言い難いのですが、
「記事を書くだけでなく、メタタグの記述も重要」と知った今は、今回参考にさせていただいた記事とにらめっこしつつ、設定や個別の記述などしていこうと思います!

各プラグインで使われているSEO用語が統一されていない印象がありますので、それについては、また別の記事にしたいと思っています。

 

 - Wordpress , , , , ,