超初心者のグーグルアドセンス 涙目の手探り道中記

Wordpress、Googleアドセンス、アフィリエイト、WEBライティングのノウハウを試行錯誤しながら学んでレポート

WordPressにお問い合わせフォームを設置するプラグイン Contact Form 7使用法

   

 

このサイトのお問い合わせフォームには「Contact Form 7」というプラグインを使用し、固定ページに入れています。

 

 

Contact Form 7の使用法

1.インストールと有効化

WordPressダッシュボードの左メニューから、

プラグイン>新規追加>「プラグインの検索」にContact Form 7と入力して検索>
ダウンロード>インストール済みプラグイン画面で「有効化」

 

2.「お問い合わせ」の新規追加

ダッシュボード左メニューに「お問い合わせ」という項目が表示されるようになります。

お問い合わせ>新規追加(タイトルを入力。自分で管理するためのものなので何でも可)

タイトルの下にショートコードが表示されます。

 

3.固定ページにコンタクトフォームを作成

WordPressダッシュボードの左メニュー「固定ページ」に「お問い合わせ」ページを作成します。

固定ページ>新規追加
>サイト上で表示するタイトル(「お問い合わせ」「運営者にメール」等)を入力
>本文に、2の作業時に表示されたショートコードを貼り付ける
>右メニューにある「コピー防止」の「設定に関わらずテキスト選択可」にチェックを入れる
>保存

関連記事:Contact Form 7の設定エラー<入力できない>

8681227563_6cdd3b072e_z

bulb by Petras Gagilas

 

お問い合わせフォームを設置した理由

Googleアドセンスのために必要?

Googleアドセンスに最初に申し込むと、審査があります。私は最初から問題なく審査通過したのですが、なかには審査落ちするサイトもあるそうです。
審査を通過するための第一条件が「運営者情報の表示」であることが色々なサイトに書かれており、
具体例として「お問い合わせフォームをサイトに設置する」とのこと。

審査基準である以上、アドセンスのサイトに必要なのかと考え、
開設時には設置していなかった「お問い合わせフォーム」を設置しました。

 

コメントを受け付けない設定にしたため

サイト開設時にはコメントを受け付ける設定にし、閲覧者様と交流してファンを獲得する方針でした。
しかし、スパムコメントが来るようになっため、非表示に変更。
とはいえ、完全に一方通行のメディアにもしたくなかったので、
コメントよりもワンクッション置いた「お問い合わせ」という手段を採用することにしました。

 

「お問い合わせフォーム」からのスパムメールへの対応

スパムを防止するプラグイン「Akismet」は入れていますが、
それでもお問い合わせフォーム経由のスパムメールがたまに来ます。
少ないので、「削除」で対応。
迷惑メールフォルダに振り分けると、それ以降のお問い合わせフォーム経由のメールが自動的に「迷惑メール」に入るようになってしまいました。
(Gmailの場合。振り分けたメールのラベルから「迷惑メール」を削除して以降は受信メールフォルダに入ります)

 

 - Wordpress, アドセンス , , , , , ,